大雨の時の防災イメージトレーニングに目黒巻を書きましょう

自分の住まいの地形の特徴を知る

大分、福岡、熊本の大雨の災害は今までに無い雨量が大きな要因でした。

日本の四季の気候は変わらないが地球の各地の変化が微妙に日本列島に変化をもたらす。

3.11以降、想定外や近年に無い雨量、大きい竜巻など一定の地域ですんでいるわれわれの所では、すべての出来事が

起きない。

しかし、想定外の事にしないためには、各く出来事が自分や住んでいる所の出来事のように、わが町の地形や河川、盆地、平野の出来具合、海岸の出来具合、暖流、寒流、山地の出来具合など小学校の地形の勉強の内容から県の立地、町の情報を組み込みながら天気予報の風雨を見たり地震の発生、影響などをイメージしておきたいものです。

夏の防災対策に「しほぶどう糖」を備蓄しましょう。

炎天下の災害は疲労した上に水分不足は身体にかなりのダメージになります。

夏の防災対策に想定外とはいえません。

管理者、保護者の方々に夏の防災対策を普及したいと思っています。

Leave a Reply