川口駅前キュポ・ラ広場の岩手・釜石復興支援バザーに参加

8月19日に埼玉県の川口駅(JR京浜東北線)前キュポ・ラ広場でキュポ・ラ釜石元気市場が開催され一般社団法人復興開発支援機構の防災用品として「目黒巻付のレスキュー脳はぶどう糖」を紹介いたしました。

地元のパフォーマンスショーやフラダンスチームが参加し物産協会や観光協会も参加しにぎやかに開催されました。

暑い日でしたので弊社は「しほぶどう糖」の説明も大いに良かったです。

暑い日の震災の予測は暑い時にしておいたほうが良いと考えます。

「目黒巻」を使い暑い夏の防災シュミレーションをしましょう。

川口駅前のキュポ・ラ広場はキューポラの街から因んで付けられたとのこと。鉄鋼を溶かすのに石炭を使用していた町の面影はありませんが・・・

釜石も鉄鋼の町で川口も前は鉄鋼の街とのことです。

東北の復旧は日本の願いです。

Leave a Reply