スポーツの管理者と目黒巻と熱中症

高校野球、草野球、サッカー、バスケット、マラソン、フィールドスポーツなど野外でのスポーツの管理者に今一度、確認して頂きたい事項として熱中症の予防です。

10年前の気候は今日現在の気候とが違います。温暖化による事柄や都市開発や建物の在り様で人にまつわる条件が変わりました。

更に空調の設備が進化したり、設置の場所が多くなりました。更に顧客サービスの視点からインフラとして公共機関にはあり、家にもあり、暑さをしのぐ常識になりました。

このような環境で、更に、人の健康の基礎として暑さや寒さの対応は衣服で対応していました。

環境や対応で準備している事はいつでも良い環境です。

しかし、スポーツする事事態は変わりません。人に付加をかけて練習します。

試合になると又、更に身体に付加をかけます。

個人差もあり、日頃の生活と練習があり、試合への勝利への欲求もあり、メンタルトレーニング等も要求される今日です。

是非一度チームで起きるべき状況をイメージして、スポーツを楽しんでいただきたいものです。

「目黒巻」は災害にもスポーツにも共通するトレーニングが出来ます。

熱中症は自分でも防げます。しかし、スポーツに熱中している選手には、コーチ、監督、管理者の力や気配りが必要です。

Leave a Reply