熱中症とスポーツ競技の直後の体制

熱中症の一瞬の感覚に注意しよう。 ふゎー、ぼぁー、あれっ、うっ、さー、など一瞬の「気の失い」の瞬間です。

その一瞬の気の失いは倒れたりしたら大きな事故になります。

試合が終わり、緊張が解ける一瞬・・経験者の弁を検証してください

チームでの試合が勝利して終わった時、各人の役割を果たして帰ってきた時、各人の思いが果たせた人、果たせなかった人、監督やコーチがチームの人員の様子を見ているのですが、熱中症の一瞬は様子を見て分る場合もありますが「一瞬の事なので」見過ごしもあります。

報告を頂いた例で、野球の県大会で試合が終わり、ダッグアウトでの直立のミーテイング時におきました。直立のまま、前に、倒れました。力なく、前に、倒れ、顎からコンクリートの地面に倒れました。

本人は一瞬の気の緩みと思うかどうか?実は熱中症の現象との事です。

一瞬の気の失いの状況です。

どのような状況か? は各スポーツ、野外、室内、温度・湿気など。

本人の状態は?については低学年の表現力や保護者の報告から、又、管理者の様子見の力にもよりますが、又、一緒に練習の時の傾向など記録も必要になると思います。

目黒巻を熱中症の体験談の話ともに各人の予防策つくりに利用してください。

チームとしての予防策を体験者等も含め作成してください。

宣伝になりますが「しほぶどう糖」は予防策に利用してください。

Leave a Reply